コロナによる日本の失業率グラフ

コロナによって、日本の失業率はどうなったか?

グラフを見てみましょう

 

コロナ,失業率,グラフ

資料出所 総務省統計局「労働力調査(基本集計)」

 

コロナが日本で流行りだした2020年1月より、グラフは右肩上がりになっています。

失業率が増えているということです。

 

とはいえ、失業率は一定の数字で推移しているようにも見えます。

まあ、失業する人一定数はいる。という意味ですが

やはり男性の方が働いている人が多いので

常に男性の方が失業率が高いということですね。

 

コロナで仕事がない、というのは

よく聞く話になりました。

 

移動がここまで制限されることになるとは誰も想像できなかっただろう

JRとか、絶対安泰だと思っているような会社が

ダメージを受けるということだけでも驚ける。

 

一方で、コロナで仕事が忙しくなる人もいたり・・・

まぁ、需要と供給のバランスが崩れたので

仕事に対して変化が起きるのは世の中的に当たり前のことと言えそうです。

 

スポンサードリンク

だけどおそらく、この2020年1月からの右肩上がりの失業率は

コロナの影響と言えそうですね。

もっと細かくみて、どこの業種の失業率があがっているのか

どんな職種の人が失業しているのか

深堀してみていくと、

コロナに強い業種や職種が見えてくるかなと思います。

 

人々が関心あるのは、お金を稼ぎ続けるための職業って何?

とか、どんな仕事なら大丈夫ってことかなと思うけど

これだけ世の中が変化してたら、安泰なものってない。

頭の良さと行動力、稼げる仕組みを知っている人間が生き延びる。

そんな感じがします。

スポンサードリンク

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です