マーケティング職の仕事内容はこちら(大学生向け)就くために必要なスキル一覧も

「マーケティング」と聞けば「なんとなくかっこいい」イメージを持っているかもしれないし、
実際にマーケティング職に就いているひとからすると、「ちょっと誇らしい」のが現実です。

というのも、誰しもがなれる職種ではないからです。

多くの日本人が好きなのは、決まった仕事をしっかりとして、お給料をきちんともらうことなので

ストレスが多くなり過ぎない仕事をしたい人にとっては、マーケティング職はちょっと大変な仕事に分類される可能性が高いです。

では、そんな就くことができれば誇らしいマーケティング職、就いてしまったらそれなりに忙しいマーケティング職の仕事内容についてみていきましょう。

ざっくり、こちらの4つについてはどの業種のマーケティング職でも関わる業務になります。

もちろん、分業をしているところであればこの限りではありませんし、職種によって業務内容は異なってくると思いますが、基本的な仕事内容について触れていきます。

スポンサードリンク

取引先とのミーティング業務

マーケティングとは売上を上げるためにはどうするか?というのを他の部署より一番考えている部署になります。

なので、当然取引先とミーティングをする機会があります。
今まで買ってくれた人にもっと買ってもらうにはどうすればいいか?ですとか、逆に自分たちが買う場合でも取引先と話す機会というのはめちゃくちゃあります。

自分の勤める会社の規模にもよりますが、大きな会社であれば、マーケティング部門と営業部門が別であることがほとんどだと思いますが、営業にもっと売って欲しいと思う場合は、社内の営業に対してミーティングを実施することもあるでしょう。

マーケティング職は、誰とも話さずに成り立つ仕事ではありません。

よく就職活動中に、コミュニケーションスキルが大切ですと言われますが、マーケティング職に限っては特にコミュニケーションが取れないと、仕事にならないので、必然的にコミュニケーション能力が高い人が就く職種であるとも言えそうです。

実際、マーケティング職についている人はコミュ力高い人が多いです。自分に自信がある人も多いかもしれませんが、BtoBでの取引なんていうのは会社の看板を背負って交渉事も発生してくるのでとにかく話せないと話になりません。

営業だったら話さなきゃ駄目であると思うかもしれませんが、ある意味マーケティング職の方が饒舌である必要があるとさえ言えそうです。

マーケティング職が気になっているのであれば、日ごろからコミュニケーション能力を高められるように努力してみてはいかがでしょうか。


売上向上のための企画業務

スポンサードリンク


「マーケティング」と言えば「企画」と思っている人も多いと思います。企画をするのは、売上を作るためです。

もともとある売上を保持するためだったり、新しいお客さんを獲得するための企画もあるでしょう。

または、次に売れるヒット商品を作るための企画もあります。

一番認知度の高いマーケターと言えば、ここの商品を開発するマーケターのことを指すと思います。

ただ、入った会社によっては、商品を作ることはなく、サービスを作ることもあります。

ありきたりな発想では良いアイディアが浮かばないこともおおくありますが、ここでヒット商品なんかを作ることができたら一躍有名になれますし、本とか書けるかもしれませんね。

必要なスキルと言えば、世の中を見通す広い視野だったり、多くのことへの興味関心がどれほどあるかというところになってきます。

プレゼンテーション作成~発表業務

パワーポイント作成スキルは当然ながら必要になります。そして、誰もパワポの作り方なんていうのは教えてくれません。


というか、それくらいで来てくれないと困るというのが現状です。
むしろ、パワーポイントに何が書かれているかの方が重要なので、体裁が整わない資料というのは、論外と言ってもいいでしょう。

そして、パワポは作るだけではなく発表することがあります。
そもそも発表または説明するためにパワポの資料を作成するので、発表するのはよくあることです。

発表先は、社内でのミーティングのこともありますし、取引先との会議や多くの人の前で行うプレゼンであることもあるでしょう。

もし、マーケティング職に就くために必要なスキルは何だろうと思っているのであれば、プレゼン作成スキル、プレゼン発表スキルは絶対に必要であると心得ましょう。

人前で緊張している場合ではないかもしれません。とはいえ、場数を踏めばなれてきますし、今はプレゼン作成スキルなんていうのは、いつでも身につけられる環境があると思うのでそこまで心配する必要はないと思います。

スポンサードリンク


売上確認・予測・目標設定業務

これは、晴れあるマーケティング職の中でもあまり言及されにくい業務と言えますが、売上を伸ばすのがマーケティング職の役割なら、そもそも今の売上がどれくらいなのか?という部分は必ず把握している必要がありますよね。

そして、過去これくらいの売上になっているということは、将来的にはこれくらいの売上になることが考えられるし、むしろ今後はもっと伸ばしていきたいなどの数字を管理する仕事があります。

そしてこの仕事は、会社によってかける時間が異なってきます。
大手など売上管理の仕組みが整っている会社であれば、この売上予測というのは自分で分析しなくても出てきていますが、中小企業だったりベンチャー企業の場合は、この売上管理というのは、自分で手で計算しないといけないことも多いです。

エクセルなんかを使って合計金額を出してみたり・・・
となると、売上を向上させるための業務ではあるものの、マーケティング職の一番大事な考える仕事に時間を使えず、雑務の様なものに時間を追われる形になるケースもよくあります。

ここで必要なスキルとしては、簡単なエクセル操作や数字を計算する能力、グラフ化する能力などのスキルとなります。

 

マーケティング職で必要なスキル一覧

スポンサードリンク

・コミュニケーション能力

・じぶんのキャラを確立するスキル

・世の中を見通す力

・多くのことへの興味関心

・未来予測力

・プレゼンテーション作成スキル

・プレゼンテーション発表スキル

・センス

・数字管理能力

・エクセル操作

・仮説構築力

 

めちゃくちゃいっぱい必要なスキルがあるじゃないか、、と落胆する必要はありません。一度にすべてのスキルを持っていいなくてもマーケティング職に就くことはできます。

ただ、マーケティング職で上に上り詰めようと思えば思うほど、これらのスキルを持っている人しか上に上がっていかない可能性もあるので、自分がその職場でそれぞれの能力を高めることができるのか?という部分にも着目してみると良いでしょう。

 

今は、どの会社も副業やダブルワークを認めていたりするので、補えないスキルは副業の方で補完していくということを考えてもいいかもしれません。

とはいえ、マーケティング職は面白くて夢があるのでぜひぜひおすすめです。ただ、答えのない仕事でもあるので激務になりやすいのでそこだけはご注意を!!

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です