転職癖のある人の特徴。転職の繰り返しを避け転職癖を治す方法

転職なんて印象が悪くなるから絶対したくないって思う人もいると思います。

なんだかんだいって、一つの会社に勤め続けると、周りからは「すごいね」と言われますし、人としても信頼のおける人に見られたりします。


実際は、転職することが悪いわけではなく、転職することでより良い生活を実現できている人もいます。

(私も転職して仕事のストレスとはほぼ無縁の生活ができて快適になりました。)


転職を躊躇してしまう理由としては、”仕事ができない人にみられるかもしれない”とか”忍耐力のない人にみられるかもしれない””転職がきっかけで人生台を無しにしたくない”といったものがあると思います。


特にやりたいこともないし、テキトーに就活したら内定がもらえたので入社したという場合は別かもしれませんが、人は基本的に転職しようと思って入社することはないです。


普通は、内定をもらった会社で定年まで働くことを考えて入社します。


それなのに、とある条件が揃えば、たちまち転職をしようとてしまいます。

 

スポンサードリンク

理由のない転職は無い

必ず転職をする人には言い訳というか理由があります。

しかも転職も一度ではなく何度も転職を繰り返す人がいますが、

なぜ転職を繰り返すのか?というと、

今の会社で働いているままじゃ納得がいかなくなるからです。


それは、”転職することで今よりも良くなると思っているから”かもしれませんし、”このまま働き続けて自分の生活や体調が悪くなると困るから”かもしれません。


今の職場では納得がいかなくなる”きっかけ”があなたに多く訪れたらあなたは転職するつもりがなくても転職しようとしてしまうということです。

<あなたを転職に向かわせてしまうきっかけ>

あなたを転職に向かわせてしまうきっかけ

 ・やりたい仕事ができない
 ・会社に将来性が無い
 ・別の会社から声がかかった
 ・職場に馴染めなかった
 ・社風が自分に合わない
 ・働いていても面白くない
 ・給料が上がらくて生活に困る
 ・残業が多くて自分の時間が持てない
 ・会社の方針についていけない
 ・仕事で大きな失敗をしてしまった
 ・病気などで働けなくなってしまった
 ・家庭の事情

 

たとえば、会社に勤めているだけで”夢や希望”が与えられて、給料も想像通り上がっていき、後輩からも尊敬される。


もしもそんな会社員生活が実現できていたら「転職しよう」なんて思わないですよね。


しかし、やりたい仕事もできなくて残業が多いのに給料が低い

ということであれば、「転職したい」って思いますよね。


残業が多いけどその分お金をもらっていたらひとまず生活には困らないので「転職しよう」とは思わないかもしれませんが、残業が多いことが原因で体調を崩しがちになってしまうと、「転職した方がいいかな」と思ってしまいます。

 

決断できる要素があれば転職を決行する

スポンサードリンク

転職する”きかっけ”があなたに訪れたら転職を決行するまであと一歩です。

転職を決行できるのは、

「自分にとって他にもっと待遇が良いと思える会社があった」場合です。


転職するきっかけが何であったとしても、今よりも悪い職場に行きたいと思う人なんていませんよね。

必ず今よりも良いと思える”何か”が転職先にはあるはずです。


転職を繰り返す人は、それだけ良いと思える会社を何度も見つけられたということでしょう。

そして、その度に内定を獲得できた人です。

別に転職を繰り返したくて繰り返している訳ではありません。

”必然的に”転職を繰り返しているのです。


だから、転職を繰り返したくなかったら、一発で自分が納得し続けられる会社に入社しないといけないってことです。

それか、たとえどんなに待遇が悪かったとしても”耐え抜く”という強い意志が必要です。

 

スポンサードリンク

 

 

転職ガイド

転職を3回経験した筆者が送る、転職を成功させるためのアドバイス。

転職に失敗は存在するのか?本当に転職した方がいいのか悩む。今自分の抱えている悩みはないものねだりなのかどうかを判断する手助けにしてもらえればと思います。

転職ガイド

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です